好きって幸せ!

好き!があれば人生はもっと楽しくなる!

再登場希望!京都府警の華麗なプロフェッショナル!


スポンサーリンク

科捜研の女には、京都府警の様々なプロフェッショナルがゲストとして登場します。

そういうプロフェッショナルたちは個性豊かで、また登場してほしい!と思う人達が多いです。

以下に、私が特に再登場してほしいと思うプロフェッショナルをご紹介します。

・鑑識の香坂さんとハリー

・粋のわかる兵藤刑事

・見当たり捜査の鬼、桃井刑事

・爆発物処理班の黒部隊員とチャンバー

・被害者対策班の班長、玉城刑事

・サイバー犯罪対策課、堀切刑事

 ・鑑識の香坂さんとハリー

登場話: 第7シリーズ 6話、第8シリーズ 7話、第11シリーズ 9話

 

警察犬担当の香坂さん(演: 伊藤かずえさん)は第7シリーズの6話で初登場。

第8シリーズの7話、第11シリーズの9話にも登場しているので、他に挙げたプロフェッショナル達よりは登場回数が多かったです。

 

当初は警察犬の優秀さを信じるあまり、科学捜査とどこか張り合う気持ちもあり、マリコさんに対しても挑戦的な態度をとっていました。

しかし、科捜研と協力して捜査を進めていくうちに、科学捜査の素晴らしさを理解するようになり、マリコさんとはお互いの意見を尊重し合う間柄に。

 

第11シリーズ 9話では、長年相棒として捜査に携わってきた警察犬のハリーが、高齢のために引退予定であることが告げられます。

高齢になったハリーの警察犬としての能力が疑われる展開になり、香坂さんのハリーを信頼する気持ちがゆらぎ始めます。

しかし、マリコさんが科学者として鑑定を進めた結果、ハリーの能力が衰えていないことが証明されました。

ハリーは佐久間刑事部長から事件解決への貢献を称えられ、長年の労をねぎらわれて、引退の花道を飾りました。

 

プロフェッショナルらしいきりっとした雰囲気と、相棒ハリーに寄せる愛情、信頼がとても印象的でした。

警察犬が登場する回はその後もありましたが、香坂さんは登場せず、残念でした。

ハリーは引退してしまったので、新しいパートナーとぜひ!

 

・粋のわかる兵藤刑事

登場話: 第16シリーズ 12話

あらすじ: 

www.toei.co.jp

 

兵藤刑事(演: 佐野史郎さん)もぜひ再登場してほしいキャラクターです!

京都の花街出身で、お座敷遊びにも顔が利く人物です。

本来ならば昇進して他の警察署に異動していてもおかしくないのに、異動の打診を断りつづけているらしい。

花街にコネがあることから、佐伯本部長に重宝がられて、本部長の鶴の一声で京都府警にとどまっているということらしいです(笑)。

 

異動の打診を断っている理由には、舞妓、芸妓になり、今はスナックを経営している幼馴染の女性を見守っていたいという思いがあったんですよね。

 

「粋がわからない」マリコさんと蒲原刑事、「粋がわかる」兵藤刑事の対比がおもしろかったです。
兵藤刑事は雰囲気は柔らかいけど、幼馴染の女性を守りたいという純粋な気持ちがありました。
さらに、正義感にも溢れているというところも魅力的でした!
 
冒頭の土門さんとお酒を酌み交わすシーンや「鳴かぬ蛍が・・・」というセリフ、マリコさんの髪にかんざしを挿すシーン。
さらに最後の土門さんとのやりとりなど、印象的なシーンもたくさんありましたね。
 
余談ですが、どもマリの関係が素敵だなーと思っている方には、上でご紹介した東映のHPの「みどころ」の欄をぜひ読んでほしいです!
最近は前ほど言わなくなったと思いますが、マリコさんが
「土門さん、今どこにいるの?」
「もしもし、土門さん?」
などと土門さんを頼りにしているようなところ、いいですよねー。
 
・見当たり捜査の鬼、桃井刑事
 
登場話: 第17シリーズ 15話
あらすじ: 

www.toei.co.jp  

予告で「ライバル登場!?」というテロップとともに登場し、次回への期待を抱かせてくれた桃井刑事。
期待にたがわず、強いインパクトを残したキャラクターでしたよね。
 
口調もなんかべらんめえ調で面白かったし、見当たり捜査班のメンバー達もそれぞれ個性的でいい味だしてました!
見当たり捜査に誇りを持っていて、当初は「人の上っ面だけしか見ない」防犯カメラを使った科学捜査に対抗心を燃やしていました。
 
しかし、あることをきっかけに、マリコさんに「正論マシンガン」で滅多打ちにされて(笑)意気消沈。
一方で、マリコさんは鑑定を進めていくうちに、犯人として名乗り出た人物に違和感を抱くようになります。
そして、土門さんから桃井刑事も同じことを言っていたと告げられる。
そこから二人が協力して、土門さんや蒲原刑事と共に捜査するようになります。
 
土門さんがマリコさんに電話をしている時に「何、悠長にラブコールしてやがる!」と言ったり、「俺は走りたいのよー!」と走りながら叫んだり。
最後はあの!聖域の屋上でマリコさんにちょっかいを出して、土門さんを焦らせたりなど、印象的なシーンもたくさん!
兵藤刑事と同じように、土門さんとの絆が感じられるところも素敵でした!
 
長くなってしまったので、ここで一旦区切ります。