好きって幸せ!

好き!があれば人生はもっと楽しくなる!

好き好き❤ 佐伯本部長! その4


スポンサーリンク

佐伯本部長のことでこんなに書くことになるなんて(笑)。でも、まだまだあります!忘れられないあの名シーン、名セリフの続きです。

 

・18シリーズ第18話

あらすじ: 取調室の怪人 | 東映[テレビ]

近藤正臣さん演じる天才活動家、朽木が登場する回と言えば、皆さんもすぐにおわかりのことと思います。この回で注目のシーンは、

上に立つ者として、重要な決断を下す佐伯本部長

です。

正直、このシーンを初めて見た時は、「佐伯本部長、どうした?」と失礼ながら思ってしまいました。朽木から協力しようと言われたマリコさんは、佐伯本部長や藤倉刑事部長に相談に行きます。

藤倉部長からは、犯罪者と捜査協力などとんでもないと言われますが、佐伯本部長は、

「やれやれ。このような時に大きな決断を下すのが上に立つ者の役目というわけだ」

などと言って、朽木との捜査協力を許可します。捜査が行き詰まっていて、捜査を進展させるためにはやむをえないと判断したのですね。

でも、真面目な声だったし、雰囲気もきりっとしていて、やっぱり、「いきなりどうした?」と思ってしまいました。すみません。

 このほかにも印象的なシーンやセリフはいろいろありました!

・13シリーズ第7話

ラニシンを送りつけられて、慌てて部屋を飛び出し、土門さんと木島さんに助けを求める佐伯本部長。

 

・16シリーズ第8話

京都府警に爆発物が仕掛けられているのがわかり、職員も避難することに。

避難の際に、書類や本を風呂敷に包んで逃げようとしていた佐伯本部長ですが、その中には「毛髪学」というタイトルの本も・・・。これは・・・スタッフさんの芸が細かいということでしょうか・・・。

 

・16シリーズ第12話

兵藤刑事が登場する花街が舞台の話。佐伯本部長の印象も強い回でした。なんと言っても、

「おおー、美しいハゲだねえ」

「(舞妓さんの名前を間違えて)マリコ

のセリフは忘れられませんね!

 

・18シリーズ正月SP

爆発物が作動して、マリコさんをかばった土門さんの背中に多数の破片が刺さってしまったお話です(こんな説明でいいのか)。

捜査会議には毎回出席していた佐伯本部長ですが、捜査が進展していない時には、

「どうするんだ、藤倉君!」

と藤倉部長に仕事(と責任)を押し付けていました(笑)。
事件が解決した後も、元刑事であり、京都府警から人事交流で京都府庁に異動になっていた人物が犯人であることがわかり、
「マスコミに叩かれるぞ!どうするんだ藤倉君!」
と言ったものの、藤倉部長は入院している土門さんのところに異動取り消しを伝えにいっていて不在。
「いないか」
としかめっつらをする佐伯本部長が印象的でした。何か考えているようで、実は何も考えていなさそうなその表情が素敵でした(笑)!
 
・16シリーズ第1話、19シリーズ第26話
なぜこの2つの話をまとめたのかというと、佐伯本部長の発案で、専門家を招いたり、新しい部署を作ったりしたという内容だからです。
そう、佐伯本部長の発案だというのがポイントです。
 
16シリーズ第1話では微表情専門家の矢萩先生が京都府警に招かれました。
矢萩先生の本を読んで、藤倉部長の表情を分析しようとする佐伯本部長が面白かったです。ブラシで頭ぽんぽんしてたし。
 
19シリーズ第26話では、「レガシー」を作るために、広域サイバー捜査係が創設されたんですよね!まあ、広域サイバー捜査係はすぐに白紙に戻されることになるんですが・・・。
それでも、佐伯本部長はちゃんと京都府警のことを考えているんだぞ!そういうこともあるぞ!ということで。ん?違う?
 
・19シリーズ第8話
土門さんと同じ名前の和歌山県警の熊谷馨刑事(演: 平岡祐太さん)が登場する前後編の後編の方です。
 
再び和歌山に行きたいというマリコさんの訴えを藤倉刑事部長は却下しますが、佐伯本部長はあっさりと認めます。
その理由は、孫にパンダのリュックのお土産を買ってきてほしかったから(笑)。
ああ、孫がいるということは、佐伯本部長には当然奥さんもお子さんもいるということですわね!
 
マリコさんにはその要請をスルーされますが、呂太君が買ってきてくれました!
しかも、リュックにはマリコさんが選んだフラミンゴの絵柄のバッジもついていました。
孫にお土産を買ってきてほしいから、他県の管轄地域での活動を許可するなんて・・・まさに佐伯本部長らしい理由ですね(笑)!
 
以上、佐伯本部長の忘れられない名シーン、名セリフでした!