好きって幸せ!

好き!があれば人生はもっと楽しくなる!

宇佐見さんファンにお勧めの作品4 11シリーズ第11話


スポンサーリンク

宇佐見さんファンのあなたにお勧めの作品をご紹介

宇佐見さん登場から間もない頃の作品

 今回も、宇佐見さんを中心にした感想の続きです。

 

・11シーズン第11話

「連続殺人鬼、空白の10年の謎!禁じられた科学鑑定!!」

 

本当につらい話ですが、宇佐見さんファンならば必ず見ておきたい作品ですよね。

 

宇佐見さんが登場してこの回まで、宇佐見さんの背景が伺えるシーンがいくつかありました。

でも、この回で、宇佐見さんが抱えている事情がはっきりとわかることになります。 

それは、10年前実の妹さんを殺害されて、犯人がまだ捕まっていないことです

 冒頭にシリコンゴムを使った窒息死事件が発生します。その殺害方法が、妹さんが殺害された事件とよく似ていました。

 

事件の現場で、いつもの宇佐見さんとは違い、事件に集中しきれていない様子を見せます。

しかし、最初は自分の事情を他の人に話さずに、捜査に参加します。

 

その後、同じ手口の殺人事件が発生して、10年前の関東での連続殺人事件との関連が疑われます。

そこで初めて、京都府警の人達は、宇佐見さんが10年前の殺人事件の被害者遺族であることを知ります。

 

科捜研のメンバーは、そういう境遇にあったとしても、宇佐見さんは客観的に鑑定することができると信じていました。

刑事の土門さんは疑っていましたね。

「京都で起きた殺人事件の犯人が、妹さんの事件の犯人だったらどうするのか」

と尋ねていました。

刑事という仕事柄、そういう質問が出るのかもしれませんが、宇佐見さんにとっては

キツイですよね。

 

その後、新聞記者に宇佐見さんが10年前の事件の被害者遺族であることを知られて、つきまとわれるようになります。

宇佐見さんは自宅謹慎を命じられますが、鑑定に支障が出て、犯人逮捕が遅れることがあってはいけないと、その命令を受け入れます。

 

事情を知った風丘先生が、自宅謹慎になった宇佐見さんを訪ねて、

「あの時、ああ言ってくれた理由がわかった」

と言うシーンが印象的でした。

 

11シリーズの第4話で、司法解剖の時に白骨死体を見て、めまいを起こして倒れてしまった風丘先生。

殺人事件の被害者になり、白骨になって見つかったご主人と、司法解剖を依頼された被害者を重ねてしまったのでした。

その後、科捜研を訪ねてきた風丘先生に、宇佐見さんは優しい言葉をかけていました。

 

susie0325.hatenablog.com

  

化学担当の宇佐見さんが不在で、科捜研はシリコンゴムの分析に苦戦していました。

その時に、相馬さんが自宅にいる宇佐見さんにシリコンゴムのデータを送って、分析を依頼していたのが面白かったです!

相馬さんのしたことを知った日野所長は、

「自宅謹慎の意味わかってる?」

と言っていましたが、泰乃さんは

「科捜研に来て初めて役に立つことをしたかも」

と相馬さんをねぎらっていました(笑)。

 

京都で発生した最初の事件は、10年前関東で発生した連続殺人事件の模倣犯が起こしたものだとわかります。

そして、その次に発生した事件が、10年前の事件の犯人によるものだとわかり、犯人は逮捕されます。

 

京都府警に連行され、廊下を歩く犯人を、物陰から見ていた宇佐見さん。

その時、土門さんは宇佐見さんに失礼なことを言ったと詫び、さらに同じ質問をします。宇佐見さんは、

「わかりません。これで終わりではないんです。これから裁判で真実が一つ一つ明らかになる。そのたびに僕たちは傷つき、乗り越えていかなければならないんですから」

と答えます。

 

その後、屋上で土門さんはマリコさんに、

「宇佐見さんを誤解していたようだ。宇佐見さんは、犯人をつきとめるために科捜研に入ったのだと思っていたが、違っていた」

と言います。マリコさんは、

「宇佐見さんは、自分と同じ思いをする人がいなくなることを願って、鑑定をしているのだ」

と答えていましたね。

 

最初の方に、宇佐見さんが車椅子を使っている母親を病院に連れてきたシーンがありました。

父親を亡くして、母と二人で京都に来たと言っていましたね。 お母さんもお父さんの介護をしていたと言っていました。

大変な事件に巻き込まれても、遺族が懸命に生きてきた様子が伺えました。

宇佐見さんの母親が登場するシーンは、ここだけだと思いますので、貴重です。

 

宇佐見さんを演じている風間トオルさんは、ムック本のインタビューで、宇佐見さんの妹さんがひどいな殺され方をしたことについて、

「遺族にしたら心が煮えたぎるような話だったんですが、宇佐見はそれを冷静に受け止めて裁きを司法に任せるという大人な対応をする」

と説明し、

「立派すぎますよね。だから、最初は何か科捜研に入った理由がほかにあるんじゃないかと思いもしましたが、彼はそういう人なんです」

とおっしゃっています。

 

本当に立派すぎると思います。でも、まさに宇佐見さんはそういう人なんですね。

風間さんのおっしゃっていること、よくわかります。