好きって幸せ!

好き!があれば人生はもっと楽しくなる!

宇佐見さんファンにお勧めの作品6


スポンサーリンク

「宇佐見さんファンにお勧めの作品5」の記事を書き終わってすぐに、ほかにも注目の作品があることを思い出したのですが、なかなか記事が書けませんでした。

やっと時間ができたので、宇佐見さんファンにお勧めの作品をさらに2つ挙げておきます。  

 

17シリーズ第5話 「寄生する女」

17シリーズ第12話 「あるドクターの死」  

 

17シリーズ第5話については、また感想を詳しく書きたいので、ここでは簡単に触れます。

やっぱりマリコさんが宇佐見さんに抱きつくシーンですよね、なんと言っても!美男美女、お似合いです!

 

 

  17シリーズ第12話は、全く救いのない話で、つらいです。風丘先生の同僚で、解剖医だった男性が亡くなります。

病死である可能性が高いという結論が出たのですが、マリコさんは手の甲のかすかな傷が気になって調べようとします。

風丘先生も病死という結論に納得がいっておらず、病死ならばする必要がない解剖を強行します。

 

マリコさんは科捜研に証拠品を次々に持ち込み、科捜研のメンバーに鑑定を割り振ります。 しかし、

「事件性がないのに皆を巻き込むことは許可できない」

と所長に言われて意気消沈。

他のメンバーは帰宅しますが、宇佐見さんは戻ってくるんですよね。その時のマリコさんと宇佐見さんの会話がとても印象的でした。

「私は母の介護のために、前の仕事をやめ科捜研に来ました。公務員なら定時で帰れると思って」

「ええ。なのに。私のせいですよね」

「そうですね。でもそれを迷惑だと思ったことはありませんよ。

今は母の状況も落ち着いていて、専門家の手も借りられていて、もしそうでなくなったら迷惑と思うかもしれませんけど。

だからこそ聞きたいんです。マリコさんはなぜいつもここまでするんです」

「ご遺体を見るたびにいつも思うんです。最後の声が聞けるのは自分しかいない。そう思ったら、勝手に体が動いて」

「やはりマリコさんを動かしているのは強い使命感なんですね」

この後、宇佐見さんが微物を持って自分の研究室に向かった後、マリコさんが軽くお辞儀をしていました。

 

宇佐見さんが自分の気持ちをマリコさんに正直に伝えて、マリコさんの気持ちも正面から聞いているのが印象的でした。

マリコさんの気持ちを聞いて、納得している。やはり宇佐見さんも、土門さんと同じようにマリコさんを理解していますよね。

 

所長の言ったことも間違っていません。

上司として、部下の健康を考えて、プライベートの時間も十分に確保できるようにするのは大事なことだから。

 

最後に、亡くなった男性は自殺であることが明らかになります。

別居していた奥さんに保険金を残そうとして、病死に見えるように偽装していたのです。

 

マリコさんが使命感で明らかにした真実が、結局は誰も救うことはなかったと思える苦い結末でした。

真実を追及することはよいことのように思うけど、こういう結果になることもある。

その事実を頭の隅に置いておく必要があるのかもしれません。 

 

動画配信サイト

再放送を待つという手もありますが、いつになるかわからないので、今すぐ見たい!という方には動画配信サイトがお勧めです。

 

2020年4月現在、科捜研の女の19シリーズを配信しているサイトは以下の通りです。

無料の視聴期間が設けられているものもありますが、基本は有料なのでご注意ください。

GYAO!

有料のレンタル商品として、スペシャル回を3本セットにしたものと、シーズン15から19までが視聴可能です。

GYAO! | 無料でアニメ、映画、音楽、韓国ドラマの動画を見るなら

 

アクトビラ このサービスは無料配信はないようです。

ラインアップはGYAO!とほとんど同じだと思われます。

アクトビラ|見逃したテレビ番組、映画、アニメなどを動画配信!無料動画も!

 

・U-NEXT

U-NEXTは無料配信はないのですが、GYAO!と同じSP作品と15~18シリーズ、19シリーズ全話の有料配信があります。 31日間の無料お試しサービスがあり、600ポイント(1ポイント=1円)分までなら無料で楽しむこともできます。

 

・アマゾン プライム・ビデオ

アマゾンのプライム・ビデオでも、15~19シーズンの各話が見られます。 プライム会員の方は、30日間の見放題無料トライアルのサービスを受けることができます。

 

・TELASA

15~19シーズンの各話とSPが見られます。無料おためしのサービスがあります。

見放題|映画・ドラマ・アニメの動画はTELASA

 

 

このブログでは、お勧めのマンガの紹介もしています!レビューはこちら