好きって幸せ!

好き!があれば人生はもっと楽しくなる!

ワールドエース 思い出のディープ産駒 その11

思い出のディープ産駒を振り返っていますが、今日取り上げるのはワールドエース

昨日、ツイッターワールドエースに関するとても楽しいツイートを見たので、今日はこの仔にしようと思いました(笑)。

 

そのツイートは、ワールドエース種牡馬としてのすばらしさをアピールするもので、とても面白かったです。

その方がおっしゃるように、ワールドエースは血統もすばらしく、たくさんの仔がいるので、これからも良いお嫁さんが来てくれることを祈りたいです。

 

それでは、ワールドエースのプロフィールをご紹介します。

 

ワールドエース

 

2009年2月22日生

父 ディープインパクト 母 マンデラ 母父 Acatenango

馬主 サンデーレーシング  池江泰寿厩舎所属

通算成績 17戦4勝

主な勝鞍 2014年読売マイラーズカップ(GⅡ)、2012年きさらぎ賞(GⅢ)

 

 

f:id:susie0325:20200804132048j:plain

 

ワールドエースは2世代目のディープ産駒。サンデーレーシングでの募集条件が1口250万の40口で、総額1億円。

もう少し後になると、1億円の募集価格の産駒も結構出てきていましたが、2世代目で1億円というのは珍しかったのではないでしょうか。

それだけ大きな期待を背負っていたのですね。名前も「ワールドエース」ですから。

 

母のマンデラは優れた繁殖牝馬です。

血統のことはよくわからないのですが、ドイツ牝系だそうですね?マンデラもドイツ生まれですし、先祖代々ドイツで活躍してきた馬たちということでしょうか。

マンデラは、ワールドエースの他にも、2016年生まれの全弟、ワールドプレミアや、今年のダービーで3着になったドリームジャーニー産駒のヴェルドライゼンデなどを生んでいます。

 

その大きな期待を背負って、きさらぎ賞で重賞を勝ち、クラシック戦線に名乗りを挙げました。

皐月賞ゴールドシップの2着。ゴールドシップが一頭だけ、馬場が荒れているだろう内側を通ってきて、勝利を収めたのには驚かされました。

ゴールドシップは2歳の頃から強いなと思っていたので、皐月賞を勝っても不思議ではありませんでしたが。

 

次戦の日本ダービーでは堂々の1番人気に押されましたが、残念ながらディープブリランテの4着に終わります。

 

そして、ダービーの後に屈腱炎を発症し、1年8ヵ月の長期休養に入ります。

復帰戦は2014年2月の白富士ステークスワールドエースは5歳になっていました。

それ以降はマイル戦に舞台を変えます。

 

次戦のマイラーズカップではコースレコードで勝利を飾り、重賞2勝目を挙げました。

 

香港やオーストラリアにも果敢に遠征し、GⅠ勝利を目指しましたが、残念ながら良い結果は得られませんでした。

2015年12月のチャレンジカップで4着になったのを最後に、6歳で引退しました。

 

屈腱炎にならなければ、GⅠにも手が届いたでしょうか。それでも、重賞2勝を含め、4勝を挙げました。屈腱炎の再発の怖れと戦いながらですから、立派だったと思います。

 

全弟のワールドプレミアは昨年菊花賞を勝ち、有馬記念でも3着になりました。今年の春は全休ということですが、復帰して、元気な姿を見せてほしいです。

 

ワールドエースのお勧めレース

やはり、勝利を収めた重賞の2レースでしょうか。まずは3歳時のきさらぎ賞

f:id:susie0325:20200804125608j:plain

 

 このレース、2着がヒストリカル、3着がベールドインパクトで、馬券圏内をディープ産駒が独占したんですね。

上がり3ハロンを32秒8で突っ込んできたヒストリカルを、1馬身半突き放して勝利。ワールドインパクトの上がりタイムは33秒0でした。

 

そして、屈腱炎による長期休養を経て、2戦目のマイラーズカップ

f:id:susie0325:20200804130005j:plain

 

 あら?このレースも2着がフィエロ、3着がエキストラエンドだわ。変な言い方ですけど、ディープ産駒が得意な条件が得意な馬だったってことでしょうか。

典型的なディープ産駒ということで(笑)。

 

ワールドエースの魅力

 ワールドエースは最後のレースが最高馬体重の478kgで、最低馬体重は3歳のクラシックを戦っていた頃の446kg。

小柄というわけではないかもしれませんが、男馬にしては細身のタイプだったでしょうか。

 

鹿毛の上品な馬体。ディープ産駒らしい鋭い末脚が魅力でした。

 

引退後は種牡馬になり、アロースタッドに繋養されています。

 

デビュー前からの期待の大きさから考えると、GⅠを勝てずに引退したのは本当に残念です。

でも、現役時代に能力の高さは十分に示したと思いますし、なんと言っても良血馬ですから、これからも良いお嫁さんが来てくれることを願っています。

そして、父の名を一層高めてくれる産駒の登場を楽しみにしています。

 

 

・競馬の予想には、以下のサイトがオススメ。

競馬予想をする際には、情報をできるだけ多く集めたいですよね。

月刊誌『競馬最強の法則』から誕生した、競馬予想に特化したWEBサイトでは、人気の予想情報、予想ツールを厳選して提供しています。

 

まずは無料登録で試してみてはいかがでしょうか。

編集部が身銭を切って厳選した競馬予想!
競馬予想なら! 競馬最強の法則WEB

 

無料登録すると、POG大会や予想大会に参加できます。この予想大会は未来のスター予想家を発掘するためのものだそうです。 無料コンテンツに名馬物語というエッセイがあり、ディープの現役時代の話が読めたのがうれしかったです。以上、Susieでした。