好きって幸せ!

好き!があれば人生はもっと楽しくなる!

科捜研の女 20シリーズ感想 第5話


スポンサーリンク

科捜研の女 20シリーズ第5話感想 牛が見た殺人

 土門さんが戻ってきて、マリコさんと取調べしたり、聞き込みに行っているだけでうれしい!

今回は牛のマリリンが大活躍の回でした❤

あらすじ、撮影裏話 

第5話のあらすじ、撮影裏話、出演者の情報をお伝えします!

主なゲスト出演者(敬称略)

夙川アトム秋元才加中原果南、奥井隆一、竹下健人、中須翔真

 ・第5話のあらすじ

高級ホテルチェーンの女社長、柊恵子(中原果南)が殺害されているのが発見された。

マリコたちは、靴底に付着していた草やバッグについていた跡から、牛がこの事件に関係しているのではないかと考える。

 

土門たちの捜査により、柊社長がリゾートホテル開発のため、強引にみくら牧場の買収を進めようとしていたことが判明。

土門たちは買収にからんで、みくら牧場のオーナー、三倉秀一(夙川アトム)が事件に関与しているのではないかと推測するが・・・。

 

東映のHPに掲載されたあらすじはこちら。

牛が見た殺人 | 東映[テレビ]

・第5話の撮影裏話はこちら。

マリコVS干物美女 | 東映[テレビ]

 

 

感想 

第5話の感想です。

 

一口感想

牛に注目するって、ユニークですね。これまで牛をじっくり見たことがなかったけど、

どっしりして穏やかで、確かに悩みを打ち明けたくなるかも(笑)。

 

買収を強引に迫っていた女社長が、一転して牧場を支援することにした理由がとても意外でした。

 

この話の注目ポイント

今回注目したのは、以下のポイントです! 

  • マリコさん、なんで牛の鼻紋がすぐにわかったの?
  • 人気者のマリリン
  • マリコさんと少年の交流
  • 牛博士の表と裏の顔
  • 女社長の心変わり
  • マリリンに相談する土門さん

 

マリコさん、なんで牛の鼻紋がすぐにわかったの?

今回最大の謎だったのがこれですかね(笑)。

マリコさん、牛の鼻紋の形まですぐにわかるの?どこでそれを学んだの?マリコさんに聞いてみたいです。

 

被害者のバッグについていたのが、牛の鼻紋であったということと、靴の裏についていたのが牧草だったというのが、この事件の大きな鍵になるんですけども。

 

また、土門さんが

「この鼻か」

と自分の鼻を指差したのがかわいかったです(笑)。

 

・人気者のマリリン

f:id:susie0325:20201122130924p:plain

殺害現場であることが判明したみくら牧場には、マリリンという特別に大事にされている牛がいました。

マリリンのミルクは他の牛のミルクと違って、特別おいしいからです。

 

みくら牧場のオーナーで、牛博士と呼ばれている三倉秀一も、マリリンを溺愛しています。

他の牛と離して別の場所でマリリンを飼育していて、その場所を

「マリリンと僕の愛の巣」

と言っています。

 

被害者の女社長もマリリンに恋の悩みを打ち明けていました。

 

牛博士に世話されていた時のマリリンはつぶらな瞳で、おだやかでどっしりしていて、悩みを打ち明ける気持ちもわかるかも。

 

マリコさんと少年の交流

みくら牧場でマリコさんたちが牛の鼻紋を採取していた時、遠くの方でその様子を見ている少年がいました。

その子は牧場にあるカフェの店長の息子であることが、後にわかります。

 

その子がクレヨンで書いていた絵からヒントを得て、事件は解決に向かっていきます。

 

マリコさんの絵に対する評価が、いかにもマリコさんらしくて面白かったですね。牛の歯の数が正確に描けてるとか、脚の角度がいいとか。

 

その評価を聞いて、少年はマリコさんがよくわかっている人だと感じたようで、マリリンの調子が悪くなった時も、マリコさんに助けを求めます。

マリコさん、科学の知識は豊富にあるけど、獣医さんじゃないんですけど💦

 

でも、そうやってマリコさんが呼ばれたおかげで、マリリンが治療用の磁石以外にも、別の何かを飲み込んでいることがわかります。

それがきっかけで、事件の真相が明らかになっていきます。

 

・牛博士の表と裏の顔

牛博士と呼ばれる三倉秀一は、牛に対する知識が豊富で、心から牛を愛しています。

その様子を見て、人は三倉のことを純朴で清らかな人であると思っています。

 

でも、土門さんが調べたところ、三倉は脱税をして、浮いたお金を贅沢品の購入にあてていました。

三倉は幼い頃、女一人で苦労して牧場を運営していたお母さんの姿を見ています。貧しくて、ほしいものを満足に買えませんでした。

 

大人になって自分が牧場を経営し、お金が手に入るようになりました。

そうすると、幼い頃にほしいものが買えなかった分、今脱税して高級品を買うという行動に出たのです。

 

土門さんは三倉に、

「純粋に牛に向き合っていたことを思い出すべきじゃないですか」

というようなことを言っていました。

 

でも、私は三倉の牛に対する態度は不誠実だとか、汚れたものだとは思わなかったです。

牛に対しては、昔と同じように愛情を持って接していたと思うので。

 

ただ、脱税のことだけですよね、悪いのは。経営状態が悪いと見せかけていたことも、もちろん良くないですが。

 

・女社長の心変わり

f:id:susie0325:20201122131746p:plain

いらすとや

 

被害者の女社長は、実は三倉の幼なじみでした。

小学生の頃に三倉の家の牧場に見学に来て、その後も牧場に遊びに行っていました。その頃は心の通い合いがあったんですよね。

 

大人になって、被害者はホテル開発を手掛ける会社の社長になりました。

幼い頃は素直でかわいらしかったのですが、今はいつも口をへの字にして、部下にも辛辣な言葉を投げかける厳しい人になっていました。

 

三倉の牧場が経営難であることを知り(事実とは違っていたのですが)、立地もいいことから、牧場を買収して、リゾートホテルを開発する計画を立てます。

そして、三倉にも強引に買収を持ちかけていました。

 

でも、ある時突然買収計画をやめて、牧場を支援すると言い出します。

その心変わりの原因は、女社長が三倉への恋心を自覚したから。その気持ちを牛のマリリンにも打ち明けていました。

 

ここらへんの心の移り変わりを、もう少し丁寧に見たかったという感じがします。時間が限られているから、しかたなかったかもしれませんが。

 

犯人は女社長の部下でした。

買収計画を急に撤回するという女社長に対して、買収計画を継続するよう求めます。

しかし、女社長からは拒否されます。さらに自分のことを「やめてもらう。代わりはいる」などと言われて逆上し、被害者を殺害してしまいます。

 

なんでそんなに犯人は買収計画にこだわったのかなあ?融資も決まっているってことだけですかね?これも時間が足りなかったような。

 

・マリリンに相談する土門さん

最後、マリリンに

「榊っていう奴にずっと振り回されてるんだ。どういう子供だったんだろうな」

って相談する土門さん(笑)。

 

マリコさんが14歳の頃は、そんなに人を振り回す感じはなかったけど、どういう子供だったんでしょうね。

 

マリリンは二人を見てどう思っていたのでしょうね。

「好きにやってて」

と思ったかも(笑)。

 

来週はまた土門さんがいないかも💧。でも、どういう話か楽しみです。