好きって幸せ!

好き!があれば人生はもっと楽しくなる!

科捜研の女 20シリーズ 感想 第8話


スポンサーリンク

科捜研の女 20シリーズ第8話感想 プリンセスの扉

今回もリアルタイムで見られず、ツイッターでの皆さんのコメントを先に見たのですが。

 

「重大発表」

「土門さんが・・・!」

 

またですか(苦笑)。

 

年末年始だからって、必ず「重大発表」、「土門さんが・・・!」をやらなくてもいいんですよ。

 

最近ではついていくのに疲れて、「まあいいや、どうでも」の境地です(笑)。

 

科捜研の女をそれほど長く見ていない人にとっては、有効な宣伝方法ですかね。

 

話自体は面白いので、あまりこういう宣伝には惑わされずに楽しもうと考えています。

 

あらすじ、撮影裏話 

第8話のあらすじ、撮影裏話、出演者の情報をお伝えします!

主なゲスト出演者(敬称略)

高橋ひとみ、林 泰文、上杉祥三、七瀬公、酒井善史、堀田貴裕、白井哲也、

田辺ひと心、 森口幸音、平岡秀幸、池之上頼嗣

 

・第8話のあらすじ

解剖医の風丘に誘われて、あるシンポジウムに出席していたマリコ

 

壇上には微生物が専門の著名な科学者、新海登志子(高橋ひとみ)がいた。

 

シンポジウム終了後、風丘の大学時代の恩師でもある登志子とマリコたちの話がはずむ。

 

しかし、そこに会場で爆発物が見つかったという知らせが入る。

 

爆発は食い止められ、容疑者として事情を聞かれていた青年(七瀬公)が関与を認める。

 

後日、登志子のスポンサーだった大手学習塾の社長(上杉祥三)が殺害されているのが発見される。

 

この社長はインターネット上で事業を支援するとして、金銭を配るという呼びかけをしていた。

 

社長には、その行為を良く思わない人物から脅迫状が届いていた。

 

社長の殺害と脅迫は関連があるのか、捜査が進められる。 

 

東映のHPに掲載されたあらすじはこちら。

プリンセスの扉 | 東映[テレビ]

・第8話の撮影裏話はこちら。

被疑者:土門薫 | 東映[テレビ]

 

 

 感想 

第8話の感想です。

一口感想

今回登場人物が魅力的だなと思いました。

プリンセストシコと呼ばれている科学者、オネエキャラの農家の人(笑)、脅迫状を送り、社長を殺害してしまった青年・・・。

 

個性がしっかりしているし、それぞれに事情を抱えていて、キャラクターの奥行きを感じました。

 

この話の注目ポイント

今回注目したのは、以下のポイントです!

  • 役柄にぴったり!高橋ひとみさん
  • 素敵だった!七瀬公さん
  • もっと見たかった!林泰文さん
  • 父親を殺害した人を許せますか?
  • 風丘先生がお菓子を持ってくるようになったのって・・・

 

・役柄にぴったり!高橋ひとみさん

f:id:susie0325:20201215130921j:plain

 

 高橋ひとみさんはバラエティやトーク番組でもお見かけすることがあります。

大人っぽく、色っぽさも感じさせる外見とは裏腹に、お茶目で楽しい面もお持ちなんだなと感じていました。

 

今回のプリンセストシコと呼ばれている著名な科学者は、高橋さんにぴったりですね。

素晴らしい業績を挙げている科学者なのですが、ティアラと真っ白なドレスを身につけて、シンポジウムに参加したり。

バクテリアのことを「バクちゃん」と呼んだり。

研究室のエアコンが不調になった時に、「励ましたら治るんじゃない」と科学者らしからぬことを言ったり。

 

高橋さんと言えば、15シリーズの第1回で演じられた診療心理士の役が印象的でした。

落合刑事や蒲原刑事が初登場したり、木島刑事が卒業したりと、盛りだくさんな回でしたが。

その診療心理士の女性は、過去に巻き込まれた事件で心に大きな傷を負っていて、シリアスな印象でした。

 

今度出演される時は、どんな役柄なんでしょうか。楽しみにしたいです。

 

・素敵だった!七瀬公さん

私は科捜研の女以外はあまりドラマを見ないので、若手俳優さんについては詳しくありません。

科捜研の女に出てくれると、こんなに素敵な人がいるのか!と思うのですが。

 

今回、犯人役を演じた七瀬公さん、素敵でした。

事情によって、大学で勉強したいという願いが叶えられず、人生に絶望してすさんでいく青年を好演されていました。

 

特に土門さんの取り調べで見せた表情のない投げやりな様子はいいなと思いました。クールな表情が素敵でしたね。

 

東宝芸能所属ということなので、沢口さんや石井さんと同じ事務所ですかね。また科捜研の女にも出てほしいです。

 

・もっと見たかった!林泰文さん

登場場面はそれほど多くなかったのですが、いい味出してましたね、林泰文さん。

もっと見たかったです。

 

蒲原刑事が事情を聞きに行った時のやりとりも面白かったし、蒲原刑事がカメラの映像を見て、

「海老芋タピオカ!」

と叫んだのもおかしかったです。

 

蒲原刑事って真面目なんだけど、考えていることが結構表情に出るのが面白いですよね。

 

林さんは16シリーズ第16回のバスジャックの犯人役が印象深いです。また出てほしいです!

 

・父親を殺害した人を許せますか?

 

f:id:susie0325:20201215131025j:plain

 

 ここまでゲストのキャラクターについて話してきたのですが、物語自体に注目すると、今回一番印象に残ったのが、

「新海教授が、父親を殺害した犯人を許した」

ことです。

 

新海教授は高校生の頃に父親を殺害されますが、当時、犯人と鉢合わせしました。

その時印象に残ったのは、犯人のうなじにあった痣。

 

研究室のスタッフが、インターネットで金銭を提供すると言っていた学習塾の社長に連絡します。

新海教授の研究を支援してもらうためです。

社長は研究室を訪れ、研究の説明を受け、実際に顕微鏡で微生物を見ます。

 

その時に、社長のうなじに犯人と同じ痣があることに気づいた新海教授。

社長を問い詰めると、社長は過去の犯罪を告白します。

 

社長には当時貧しくて、学ぶためにお金がほしかったという動機がありました。

新海教授も両親に女だからと大学への進学を反対されていました。

 

父親が殺害されて親戚に引き取られたのですが、その親戚が新海教授の進学を後押ししてくれました。

それで学問を続け、科学者として活躍する道が開けたのです。

 

父親を殺害した犯人が、自分と同じように学びたいという気持ちを持っていたこと。

新海教授は、その気持ちを理解して、父親を殺害した罪を許します。

そして、学びたいという気持ちを強く持っていた青年を支援してくれるよう頼みます。

 

父親が事件に遭遇せずに生きていたら、自分は学び続けることができなかったということもあります。

それでも、父親を殺害した犯人をあんなふうに許すことができるかな・・・?

それだけ新海教授の学びたいという気持ちが強かったということなのでしょうか。

 

新海教授が社長に支援してほしいと依頼した青年は、実は社長に脅迫状を送っていました。

社長のことを偽善者だと思っていたのです。

 

社長はあらためて青年と二人で会って、話し合いをしようとしますが、殺害されてしまいます。

 

現場に駆けつけた新海教授に、過去の報いだと告げた社長。まさに因果ですね。

 

新海教授は50代後半の設定で、その年の人が高校生だった時も、

「女が学問をしても何にもならない」

という風潮があったのかなと思いました。

 

でも、今は「女だから」ということだけが原因になるのではありません。

経済的な事情によって、大学に進学できなかったり、大学で勉強を続けられない人も少なくないとか。

 

その意味では、今向き合わなければならない問題なのかもしれません。

 

・風丘先生がお菓子を持ってくるようになったのって・・・

風丘先生が科捜研にお菓子を差し入れするようになったのって、大学時代の恩師である新海教授の影響だったんですね。

 

「甘いものは脳を活性化する」

「一人で食べておいしいものは、皆で食べればもっとおいしい」

まさにその通り!

 

さあ、いよいよ最終回。

土門さんの運命はどうなるのか・・・って、大丈夫だって信じてますよーん。